スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク ()
| - | - | - |

夢解き3

コメントより

不本意ながら女の友達に襲われて肉体関係を結びかける、という夢をみました。その人は特に親しいわけでもないんだけど。女の子はただ淋しくて求めてるだけ(根拠ないけど自分の夢だからなんかそう思った)だったので自分は途中でやめました。場所は外。外と言っても道端ではなく、なんか宇宙空間に道が伸びてるみたいな暗いとこで二人で歩いていたので。さらにそのあとが恐い。その宇宙空間に映画みたいに画像が写り出して、人の顔が見えないほど高速で回ってんの。段々ゆっくりになってきて確認すると、なんと予備校の化学の先生でした。エッチな事への興奮か先生の怖さのせいか知らんけどはっと目が覚めました。胸騒ぎがします。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

いい夢…ではなさそう。
まず夢の舞台。
宇宙空間に道が伸びているような、だだっ広い空間で、かつ暗い場所というのは孤独感、深刻な苦境の象徴。
確実性・安全への欲求、悲しみや劣等感が強い時期かもしれません。

次に、襲われて肉体関係を結びかけたところ。
これは何らかの敵対的な力の脅威にさらされている、もしくはこの先さらされることを意味します。
また、予知夢であると考えた場合は実際にその女の人に襲われることを暗示します。
まあないだろうけど。
ただし、必ずしも肉体的に襲われるわけではないからそこは注意。
実例として分析心理学者の秋山さと子さんが見た夢。
「かつて私はある人に強姦されかかった夢を見たことがある。それも形を変えてつづけて同じような夢があらわれたので、かなり不安になった。そして、実際にそのすぐあとで、その夢にあらわれた人に無理難題を吹きかけられて、その道での進路を絶たれてしまった。この夢は性的なものというよりも、明らかに一種の予知夢であって、現実にはまさかこんなことあるまいと思っていた意外な出来事を夢が知らせてくれたものであった」

また、夢の中で自分の行動を制するのは、〔楞阿貿っている危険や不幸から免れようとする無意識の働き、意識と無意識の間の葛藤、を表しています。
なお、予知夢では,琉嫐になり、身の上に起こる重大危機の予兆となるため、特別の注意が必要。

そして後半。
宇宙空間に映画みたいに画像が写り出して、とはちょっと違うけど、映画を見るというのは何かを認めたくないという気持ち。
映画はつくり事であり現実ではない。
それと同じように、なにかを「あれは現実ではない」といって拒否しようとしている気持ちのあらわれです。
予備校の化学の先生が出てきたのは圧力、命令、強制力といったものを感じているからかもしれません。

厳しい時期だからこうゆう夢になったんだろうね。特に舞台の部分。
これからも気になる夢あったらコメントでもメールでも言ってくれれば調べるから言って。
Posted by (18:15)
| 夢解き | comments(1) | trackbacks(0) |

夢解き2

コメントより

天下一武道にでる夢をみました。
知らない人が相手でした。激闘でした。
戦ってたはずなのに、なんだか猛烈に語り合いました。
そいつはどうやらチクリ癖と自慢癖(しかも自分自身は薄っぺらなので、主に家族の事を)があるスネ夫くんみたいな奴でした。
俺はそいつにキレて、凄い殴りました。
「お前はここがこうだからこうだめなんだよ!!」みたいな感じで物凄い論理的に罵りました。
そいつは泣いて、なぜだか俺も泣きました。
ふたりで号泣しました。
いつのまにか周りに女の子が10人くらい居て、全員ドン引きしてました。

目が覚めると俺の目からは本当に涙が出ていました。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

吉夢ですね。
まずは相手の『知らない人』について。
古典的な夢解釈では、見知らぬ人(主に男)は死や病気の人格化です。
ただし、この夢を見たから死や病気の脅威にさらされるというわけではなくて、自分の心の中の否定的なエネルギーや、意思とは敵対的に働いている心のエネルギーの表現であると考えられます。
こうした否定的・敵対的エネルギーが非常に強い場合に、結果として死や病気が引き起こされることがあるということ。
ここでは『知らない人』と戦ってます。
知らない人との戦いは内面にある葛藤の表れですが、戦いになれば問題の解決は時間の問題。
克服する力は十分にあるはずです。

そして激しい語り合いの末、キレてスネ夫を殴ったとあります。
殴るという行為は夢の中では、親愛の情、好意、愛情の表現と考えて間違いありません。
そこから転じて、幸運、成功、利益などを示す吉夢となります。
ちなみにこれは洋の東西を問わず同じで、得られる利益は殴られる側のほうが大きくなります。

次に、論理的に罵る場面。
罵りあう、人を罵倒する、口論するなどの夢はいずれも吉夢です。
相手がそれまでうまくいってなかった知人であれば関係の好転。
相手が仕事先の人間なら仕事自体の成功といった具合。
こうした口論の夢の場合、自分が仕掛けるか、相手から仕掛けてくるかで意味が違います。
今回みたいに自分が罵る場合、吉事は自分の働きかけでもたらされます。
罵られる場合はラッキーは向こうからやってきます。
いずれの場合も、罵倒、口論の度合いが激しいほど喜びは大きくなります。

最後に号泣したところ。
夢でなく行為は喜びの表現です。
流れる涙は、心の内面で固まっていた問題が溶け去ることを象徴します。
心のしこり、病気、現実の障害などが取り除かれること。
あるいは喜び事、祝い事の暗示であると考えられます。

スネ夫の性格、周りの女の子についての意味はよくわかりませんでした。

全体を通して見ると間違いなくいい夢。
一番ご利益ありそうなのがスネ夫ってのが悔しいけど。
あと、ひとつ気になるのは目が覚めたら本当に涙が出てたこと。
予知夢だとしたら、泣くってゆうのは嘆き悲しむ事態の訪れだからね。
Posted by (11:43)
| 夢解き | comments(0) | trackbacks(0) |

夢解き

夢の語源は寝目(いめ)で寝は睡眠、目は見えるもの。つまり睡眠中に見えるもの。
平安時代よりゆめに転じ、はかなさなどの意味で比喩的にも用いられるようになる。
夢が将来の希望といった意味で使われだしたのは、近代以降である。〈語源由来辞典〉

紫式部に「君の夢は?」と尋ねてみてもなんのことやらわかりません。
なのでまろでもわかる夢の話。


『3つの夢』
夢は3つに分けられる。
【心的夢】
夢を見た人の心の問題を描いた夢。
記憶、感情、欲望、コンプレックスなどから生み出される夢はすべてこの心的夢に属す。
つまり、ほとんどの夢はこれ。
心的夢にはそのときどきの願望、欲望、課題などがあらわれる。
【刺激夢】
読んで字のごとく。
外的な刺激によるものと内的な刺激によるものがある。
テレビの音が耳に入って、そのシーンが夢に現れたりするのが外的なもの。
高熱などで血流が異常なときに、その流れが轟音として出てくるのは内的なもの。
原因がわかるとたわいのないものがほとんどだけど、中には病気による刺激が夢の原因になっている場合があるから、くりかえし同じような刺激夢を見る場合はちょっとこわい。
【予知夢】
自分とはまったく無関係などこかから得られた情報が、ダイレクトに、または無意識に蓄えられたイメージに翻訳されて現れたもの。
テレパシー夢とシンボリックな予知夢に分けられる。
テレパシー夢では、未来のシーンそのものが現れるから見たとおりのことが起こる。
たとえば「自分が死ぬ夢」は、普通なら自分の中で何かが精算されて生まれ変わることを表すいい夢だけど、テレパシー夢では死の予告。
めったに見ないけど見たら要注意。
シンボリックな予知夢はよくあるやつです。
誰かの死を予知する場合、「花畑」や「川を渡る」「玄関で別れを告げる」「手を振る」みたいな夢を見るというもの。
心的夢なら死なないのに予知夢なら死。
区別できなきゃ意味がない。

『予知夢の特徴』
予知夢は強烈な印象をともなうことが多いため、目覚めたあとも異様な印象が頭にこびりつき、胸騒ぎをともなうことも少なくない。
夢の筋が複雑でなく、メッセージがストレートに描かれる傾向があるのも特徴のひとつ。
また、疲れて深い眠りについてるとき、突然ショックを受けて目覚めるときに多い。
予知夢は緊急メッセージを意識に伝えるものだから、いくら疲れててもそれとは無関係に見ちゃうらしい。
さらに、気づいたらうたたねをしていて予知夢を見たというケースも少なくない。
この場合、無意識の心の働きが緊急メッセージを伝えるために、まず肉体を眠らせてうたたね状態にしているのだそう。
だから、こういう状態でショッキングな夢に跳ね起きるようなことがあれば、その夢には要注意。


以上簡単に夢の話で短いけどここからが本題。
気になる夢があればコメント欄に書いてってほしいんです。できるだけ詳しく。
夢解きします。
Posted by (11:21)
| 夢解き | comments(6) | trackbacks(57) |